Copyright 2015 UBE Kenzai Corporation All rights reserved.

珪藻土はやさしい

単細胞藻類プランクトンが堆積してできた珪藻土をベースに開発されました
ウベボードは珪藻土を主な原料とした「やさしい壁」を開発し、2008年2月に開催された「nanotech2008 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」にてnano tech大賞を受賞しました。 UB足快バスマットはその「やさしい壁」の原材料を使用しています。
珪藻土は酸や熱に強く電子顕微鏡で見ると無数の微細な孔が見られます。近年の研究ではその細かい孔が吸放湿性能に優れていて、さらに小さな孔においては有毒ガスを吸着する機能に優れていると報告されています。 また、この小さな孔は湿度50~60%以上になると急激に水蒸気を吸湿し、50%以下の状態では吸湿した水蒸気を放湿し始めるため、50~60%程度の相対湿度にその空間が保たれます。

このような特性を当社独自の技術でさらに能力アップさせた「やさしい壁」の原材料をUB足快バスマットは使用しています。
UB足快バスマットの主成分である珪藻土は、独自の製造過程において、本来の珪藻土の細孔からさらに細かい微細孔へ変化します。 その微細孔を有する特有なケイ酸カルシウム水和物の働きにより、吸着した有毒ガスを分解、無害化します。そしてこの機能は永久的に継続します。
珪藻土を含む原料を水熱反応させることにより得られたUB足快バスマットの微細孔です。 一般的に珪藻土は多孔質構造によってVOC・有毒ガス等を吸着する機能を持っています。 しかし、長期間使用し続けると吸着したガスは飽和状態になり、珪藻土による吸着能力は限界に達します。 一方、UB足快バスマットはVOC・悪臭成分を分解し、無害化するために、有毒ガスを再放出することなく、またその能力も持続します。